2017年12月20日

2017年「北区障がい児童文化作品展」の景品のトートバックを制作させて頂きました。

札幌市北区保健福祉部 保健福祉課の依頼により、2017年「北区障がい児童文化作品
展」の景品のトートバックを制作させて頂きました。

北区トートスナップ.jpg
トートプレ用台.jpg

子どもたちの力作を楽しんで〜北区役所で障がい児童文化作品展を開催中

12月4日(月曜日)から、北区役所(北区北24条西6丁目)1階ロビーで「北区障がい児
童文化作品展」が始まっている。これは、区内に住む障がいのある小中学生から募集し
た絵画や書道、工作などの作品を展示することで、障がいのある子どもたちの文化活動
への参加と、地域住民の障がい者福祉への理解を深める啓蒙活動の推進を目的に、北区
役所が毎年開催しているもの。今年で37回目。

今回は120人の児童・生徒から作品の応募があり、運動会や学習発表会などの思い出を
描いた絵画のほか、版画や書道作品、トートバックやコースターといった手芸作品など
団体制作の作品を含めた計118点の作品が展示され、来庁者の目を楽しませている。

来庁者の一人は「男の子は男の子らしいタッチで、女の子は女の子らしい色使いで、
どの作品もかわいらしいですね。
思わず自分の息子のことを思い出しました」と笑顔で話していた。

同作品展は、12月8日(午前8時45分から午後5時15分)まで開催されている。

(2017年12月5日 札幌市北区役所ホームページより)
http://www.city.sapporo.jp/kitaku/news/sonota/20171201.html

posted by ワークショップアリス at 16:33| 制作室